くりっく365(取引所外国為替証拠金取引)

 

取扱通貨ペア

対円通貨ペア

米ドル/円(USD/JPY)、ユーロ/円(EUR/JPY)、英ポンド/円(GBP/JPY)、豪ドル/円(AUD/JPY)、スイスフラン/円(CHF/JPY)、カナダドル/円(CAD/JPY)、NZドル/円(NZD/JPY)、ポーランドズロチ/円(PLN/JPY)、トルコリラ/円(TRY/JPY)、南アフリカランド/円(ZAR/JPY)、ノルウェークローネ/円(NOK/JPY)、香港ドル/円(HKD/JPY)スウェーデンクローナ/円(SEK/JPY)、メキシコペソ/円(MXN/JPY)、中国人民元/円(CNY/JPY)、インドルピー/円(INR/JPY)、韓国ウォン/円(KRW/JPY)

非対円通貨ペア

ユーロ/米ドル(EUR/USD)、英ポンド/米ドル(GBP/USD)、豪ドル/米ドル(AUD/USD)、NZドル/米ドル(NZD/USD)、英ポンド/スイスフラン(GBP/CHF)、米ドル/スイスフラン(USD/CHF)、ユーロ/スイスフラン(EUR/CHF)、米ドル/カナダドル(USD/CAD)、ユーロ/英ポンド(EUR/GBP)、ユーロ/豪ドル(EUR/AUD)、英ポンド/豪ドル(GBP/AUD)

米ドル/円(ラージ)、ユーロ/円(ラージ)、英ポンド/円(ラージ)、豪ドル/円(ラージ)、ユーロ/米ドル(ラージ)については、野村ネット&コールでは取扱いしておりません。
メキシコペソ/円については、当分の間、上場が延期されます。
中国人民元、インドルピー及び韓国ウォンについては、平成25年11月29日から、当分の間、上場が休止されます。

取引単位

1枚単位です。

1枚あたりの取引金額は、原則として東京金融取引所が定めた取引単位に準じます。
詳しくは、取引ルールをご確認ください。

呼値の単位

原則として東京金融取引所が定めた呼値の単位に準じます。

詳しくは、取引ルールをご確認ください。

取引時間

対円通貨ペア
取引日 取引開始時間~取引終了時間
米国標準時間の期間 月曜日
火曜日~木曜日
金曜日
7:10~翌日6:55
7:55~翌日6:55
7:55~翌日6:00
米国夏時間の期間 月曜日
火曜日~木曜日
金曜日
7:10~翌日5:55
6:55~翌日5:55
6:55~翌日5:00
非対円通貨ペア
取引日 取引開始時間~取引終了時間
米国標準時間の期間 月曜日
火曜日~木曜日
金曜日
7:10~翌日6:25
7:55~翌日6:25
7:55~翌日5:30
米国夏時間の期間 月曜日
火曜日~木曜日
金曜日
7:10~翌日5:25
6:55~翌日5:25
6:55~翌日4:30
米国夏時間適用期間は、原則として3月第2日曜日から11月第1日曜日までとなります。
必要に応じて東京金融取引所が取引時間・プレオープン時間を臨時に変更する場合があります。
取引開始前の10分間(月曜日は60分間)はプレオープン時間帯となります。(プレオープン時間帯には、約定は発生しません。)

注文チャネル

インターネット

原則、お電話でのご注文は受付けておりません。

注文受付時間

原則、24時間365日ご注文を受付けます。
ただし、次の時間を除きます。

  • 定時システムメンテナンス時間
    月曜日~木曜日の取引終了時間から7:45(米国夏時間は6:45)まで
    金曜日の取引終了時間(土曜日早朝)から8:00(米国夏時間は7:00)まで
    土曜日 23:00~日曜日6:00
  • 臨時システムメンテナンス時間
  • ログイン不可時間

また、注文の種類により注文の受付時間に制限があります。

注文の種類

[1]ストリーミング注文

注文種類 説明
ストリーミング注文 常時更新されている相場の実勢価格で即時に売買する注文方法です。
取引画面に表示される「売」「買」のレートの部分をクリックすると原則、即時に売買が成立します。
※原則、発注すると即時に約定しますが相場の変動が激しい時には取引が成立しにくいこともあります。(相場変動により発注時の価格より取引所の受注時の価格がお客様に不利となった場合、注文は失効となります。)
※取引時間に注文を受付けます。

[2]単一注文

注文種類 説明
成行注文 価格を指定せずに、その時の市場の気配値で売買する注文方法です。
売り注文は買気配、買い注文は売気配との間で取引が成立します。
※取引時間に注文を受付けます。
指値注文 価格を指定する注文方法です。
トリガ注文 通常の指値注文とは逆に買いの場合は「指定したトリガ価格以上になったら買う」、売りの場合は「指定したトリガ価格以下になったら売る」という注文方法です。指定したトリガ価格に達すると成行注文として発注されます。
(売り注文は買気配、買い注文は売気配により判定されます。)
トリガ(指値)注文 通常の指値注文とは逆に買いの場合は「指定したトリガ価格以上になったら買う」、売りの場合は「指定したトリガ価格以下になったら売る」という注文方法です。指定したトリガ価格に達すると指値注文として発注されます。
(売り注文は買気配、買い注文は売気配により判定されます。)
全決済注文 発注済(未約定注文)の全ての注文を取消し、全建玉を成行で決済する注文方法です。
※取引時間に注文を受付けます。

[3]複合注文

注文種類 説明
IFD注文(IF DONE) 新規(1次注文)と決済(2次注文)を発注し、新規(1次注文)が約定すると決済(2次注文)が発注される注文方法です。2つの注文は同一通貨ペアである必要があります。
※決済(2次注文)は新規(1次注文)が一部約定した場合、当該数量に合わせて注文を分割します。
OCO注文(One Cancels the Other) 指値注文とトリガ注文の2つの注文を同時に発注し、一方の条件を満たすと、もう一方の注文が自動的に失効される注文方法です。2つの注文は同一通貨ペアである必要があります。
※一方が一部約定した場合、他方の注文は同数量が取消しされます。
IFDOCO注文(IF Done OCO) IFD注文の決済(2次注文)をOCO注文として発注する注文方法です。注文は同一通貨ペアである必要があります。

[4]建玉整理

注文種類 説明
建玉整理 同一通貨ペア、異なる売買区分の建玉を相殺する決済注文方法です。
※原則として取引開始から取引終了の20分前まで注文を受付けます。

注文有効期限

「当日」、「週末」、「無期限」または「日時指定」を指定できます。

注文上限

1注文あたりの上限は、東京金融取引所が定めた注文枚数の上限に準じます。

建玉上限

建玉の上限は、円換算で20億円。

上限は当社の判断により変更することがあります。

決済期限

無期限

証拠金

くりっく365のお取引にあたっては、あらかじめ証拠金を差し入れる必要があります。野村ネット&コールのくりっく365の証拠金の額は東京金融取引所が定める為替証拠金基準額(1枚あたりに必要な証拠金額)と同額です。

東京金融取引所では、くりっく365市場の相場変動に応じて通貨ペアごとに為替証拠金基準額を毎週見直しています。
証拠金の差し入れは、円貨のみとなります。外貨の差し入れはできません。
証拠金は東京金融取引所の規制等または当社独自の規制等により変更することがあります。

口座開設手順

口座開設手順についてはこちらよりご確認ください。

取引規定等

閉じる

ページの先頭へ戻る